NEWS
  • 「脱炭素・スマート・ヘルス・シティ創建委員会」設立のお知らせ
    2021年01月11日
    お知らせ
    「脱炭素・スマート・ヘルス・シティ創建委員会」設立のお知らせ
    「脱炭素・スマート・ヘルス・シティ創建委員会」 設立のお知らせ     日本医療国際化機構とボアオ・アジア・フォーラム/グローバル健康フォーラム組織委員会は、共同で「脱炭素・スマート・ヘルス・シティ創建委員会」の設立を開始しました。   「人類の健康・地球の健康」は、中国や日本を含むアジア諸国が共通して追い求めるものであり、この創建委員会を設立するための基本的な考え方...
  • 「人類の健康、地球の健康」を提唱  「日中新時代健康フォーラム」が成功裡に終了
    2020年12月28日
    お知らせ
    「人類の健康、地球の健康」を提唱 「日中新時代健康フォーラム」が成功裡に終了
    日本医療国際化機構、ボアオ・アジア・フォーラム グローバル健康フォーラム大会組織委員会、青島市政府が共催した「日中新時代健康フォーラム」が12月22日に開催され、「人類の健康、地球の健康」をテーマに、東京と中国の青島にメイン会場を設置、両会場を結んでオンライン会議の形式により行われた。フォーラムに出席した両国の代表らはヘルスケア、グリーン環境保護、健康都市づくり等について話し合った。 日本側の登壇...
  • 手を携えて共に健康な生活を 「日中新時代健康フォーラム」が開催
    2020年12月28日
    NEWS
    手を携えて共に健康な生活を 「日中新時代健康フォーラム」が開催
    ボアオ・アジアフォーラムと日本医療国際化機構は22日、グローバル健康フォーラム大会の枠組みの下で「日中新時代健康フォーラム」を開催しました。 フォーラムの会場は中国の青島市と日本の東京都に設けられ、オンラインで繋がれた両会場に、中国側からは中国全人代常務委員会の陳竺副委員長、ボアオ・アジアフォーラムの周小川副理事長と李保東秘書長、世界健康フォーラム大会の陳馮富珍(マーガレット・チャン)主席、そして...
  • 孔鉉佑駐日大使「日中新時代健康フォーラム」に出席
    2020年12月23日
    関連記事
    孔鉉佑駐日大使「日中新時代健康フォーラム」に出席
    孔鉉佑駐日大使は12月22日、青島と東京をつなぐ「日中新時代健康フォーラム」にオンラインで出席、あいさつした。 孔氏はあいさつで次のように述べた。新型コロナウイルスの感染拡大が世界の公衆衛生システムを危機に陥れるだけでなく、グローバルガバナンス、地政学的安全保障にも深刻な試練をもたらしている。中日両国各界は互いに見守り助け合い、共に難局を乗り越え、それぞれの感染予防抑制と経済回復に力強い支援を行い...
  • 「日中新時代健康オンラインフォーラム」のご案内
    2020年12月18日
    関連記事
    「日中新時代健康オンラインフォーラム」のご案内
    「日中新時代健康オンラインフォーラム」のご案内   拝啓 寒冷の候、時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。   早いもので2020年も終わりに近づいています。新型コロナウイルス感染症の流行に直面した本年が改まる辞旧迎新のこの時期に、日本と中国は、With&PsotCOVID-19という今までにない状況の中で、新たな価値観に基づくヘルスケア社会の構築を目指すために、新...
  • 理事長の叙勲にあたり、在日中国人メディア『中文導報』の取材を受け記事になりました。
    2020年05月19日
    関連記事
    理事長の叙勲にあたり、在日中国人メディア『中文導報』の取材を受け記事になりました。
    『中文導報』2020年5月 第2期 4月29日、日本政府は2020年「春の叙勲」の受章者を発表した。中国本土出身で、日本に約40年滞在している蒋暁松氏が「旭日中綬章」を受章した。受章理由は、「日中関係の促進と強化、及び両国の相互理解に多大な貢献をした」という。日本政府は授与にあたり、中国政府に事前打診し、正式に承認が得られたそうだ。 日本の勲章制度は1875年に始まり、日本文化と歴史を広めるための...
  • 日中両国の協力
    2020年05月01日
    リリース
    日中両国の協力
    日中による新型コロナウイルス感染症防止協力の経緯     新型コロナウィルス感染症(COVID-19)が蔓延する中、自由民主党幹事長二階俊博氏と、アリババ公益基金会/馬雲公益基金会の会長であるジャック・マー氏は協力し、下記の一連の活動を行いました。 日中共同で行った感染症防止の活動は、日中の友好の証であり、また、防疫の為に迅速かつ有効な役割を果たし、社会的な利益をもたらしました...
  • 日本医療国際化機構がマスク配布の実務を担当 日本医師会に高機能マスクをお届け
    2020年03月11日
    お知らせ
    日本医療国際化機構がマスク配布の実務を担当 日本医師会に高機能マスクをお届け
    一般社団法人日本医療国際化機構(本部:東京都千代田区、理事長:蒋 暁松、以下 当機構)は、中国電子商取引大手のアリババグループの創業者、馬雲(以下 ジャック・マー)氏によって寄贈されたマスク100万枚の一部を、 2020年3月9日(月)、日本医師会(本部:東京都文京区、会長:横倉 義武様)に届けました。   ※ 左から:日本医師会 横倉義武会長、当機構 蒋暁松理事長 新型コロナウイルスの...
  • アリババが日本にマスク寄付 恩返しに100万枚
    2020年03月03日
    リリース
    アリババが日本にマスク寄付 恩返しに100万枚
    中国のインターネット通販最大手アリババグループは2日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本にマスク100万枚を寄付すると発表した。中国で医療物資が不足していた時期に日本からマスクや防護服が送られた恩返しという。 マスクは3日に日本に届く予定。医療機関の支援を行う日本の団体が、マスクを必要とする医療現場に配布するという。マスクはアリババ創業者の馬雲氏が設立した基金などが調達した。(共同) 引用:...
  • 日本、アリババ会長を通じ防護服10万着を追加支援
    2020年02月20日
    関連記事
    日本、アリババ会長を通じ防護服10万着を追加支援
    阿里巴巴(アリババ、Alibaba)公益基金会は7日、日本が中国に医療用防護服10万着を追加支援することを明らかにした。防護服は同会を通じ、需給がひっ迫している中国の病院に届けられる。アリババグループはさらに、日本の電力各社と日本原子力研究開発機構(原子力機構)から2万4200着の放射線防護服を調達、あわせて必要とする機関に送付される。 この寄付は、同グループ創業者の馬雲(ジャック・マー、Jack...