阿里巴巴创始人马云先生出席 对抗COVID-19 中日合力“抗疫”视频会议〜一线对话

COVID-19 中日合力“抗疫”视频会议〜一线对话

日本医疗国际化机构、MEJ、阿里巴巴公益基金会、马云公益基金会共同举办

(社)日本医疗国际化机构(东京都千代田区、理事长:蒋晓松)、(社)Medical Excellence Japan(东京都千代田区、理事长:近藤达也、以下简称MEJ)与中国电商集团阿里巴巴的创始人马云先生创立的阿里巴巴公益基金会及马云公益基金会,将于2020年5月29日(周五)14:40-17:00共同举办中日两国在对抗COVID-19医疗第一线医师之间的视频交流会,马云先生与二阶先生将在会议开始时致辞

《新冠肺炎防治手册》

【视频会议概要】
日期:2020年5月29日(周五)

上半场 14:40(日本时间)~

 二阶干事长、马云会长、MEJ近藤理事长

※蒋理事长主持

下半场 15:05 ~ 17:00 (日本时间)

 中日两国的医师进行发表和意见交流

https://h5.dingtalk.com/group-live-share/index.htm?type=2&liveUuid=e8f9feb8-d5ae-4c02-aad6-b7b037c3d956&dd_nav_bgcolor=FF2C2D2F#/public/e8f9feb8-d5ae-4c02-aad6-b7b037c3d95

中方视频会议的影像(计划)

随着COVID-19感染的扩大,在日中两国发生口罩等医疗物资紧缺的情况下,日本自由民主党二阶干事长和中国阿里巴巴公益基金会、马云公益基金会的马云先生携手合作,展开了两国之间的紧急医疗物资交流运输工作,为诸多医疗机构以及医护人员提供了援助。尤其是马云先生还及时组织人员在第一时间将中国编辑的医治经验《新冠肺炎防治手册》翻译成日文,在日本的许多医疗第一线成为了医治的宝贵借鉴。现在,中国顺利召开两会,日本也解除了紧急状态宣言,两国逐渐开始恢复到日常生活,我们将此视为“抗疫” 中的一个重要阶段,特由日本医疗国际化机构与Medical Excellence Japan(MEJ)共同举办网络视频研讨会。

       日方由MEJ举荐的日本代表性医师们组成;中方由实际在武汉第一线进行过治疗、以及编辑《新型冠状病毒感染对策手册》和建立全球信息交流网络平台“GMCC”的浙江大学医学院附属第一医院梁教授带领的团队组成。

    研讨会的上半场将在蒋晓松理事长的主持下,由二阶干事长、马云会长、MEJ的近藤理事长致辞,下半场将由两国的医师进行交流,梁教授的团队将发表丰富的经验和见解,日方将由实际治疗重症患者的急救医师进行病例报告,之后与会者进行意见交流。

鉴于理事长蒋晓松先生的授勋,日本华人媒体《中文导报》刊登的特别报道。

《中文导报》记者 杨文凯
4月29日,日本政府公布2020年度春季授勋人员名单。来自中国大陆、旅日近40年的蒋晓松先生被授予“旭日中綬章”,授勋理由是“在促进与加强中日两国关系及两国相互理解方面做出了重要贡献”。据悉,日本政府决定授予勋章之前,曾征求中国政府方面意见,得到中方正式同意。

蒋晓松 先生
日本勋章制度始于1875年,作为弘扬日本文化及历史的制度延续至今。最高等级的“大勋位菊花章”和“桐花大綬章”,通常被授予曾担任日本内阁总理大臣或众议院、参议院及最高法院三院之长的日本人。授予外国人的勋章有“旭日章”和“瑞宝章”两种体系:“旭日章”—授予在某一领域有过特殊贡献或显著成就的人,分为大綬章、重光章、中綬章、小綬章、双光章、单光章;“瑞宝章”—授予对长期从事公共事务并取得成就的人。
每年授勋分春秋两次,在皇宫举行,由内阁府勋章局联络多个省厅,推荐各个领域中最优秀的候选人,提出建议并批准人选,最后由天皇颁授勋章。但2020年春季授勋受新冠疫情影响,原定的授勋仪式不能按历年的规模形式举行。

旭日中綬章
热心促进中日交流堪为民间授勋第一人
据了解,自1983年以来,来自中国大陆的获奖人数累计为45人,获得旭日中綬章及以上段级的人数为11人,其中8人曾任职政府,为前政要或高官,其余3人为从事教育的业界人士。廖承志(1983年)、谷牧(2008年)、陈锦华(2008年)、郑必坚(2011年)先后获颁“旭日大勋章”;中国知名人士苏步青、雷任民、刘希文、肖向前、宋健、杨振亚、俞晓松、陈昊苏等曾获颁“旭日重光章”。本次,蒋晓松先生作为民间人士获颁“旭日中綬章”殊勋,尚无前例。
蒋晓松,文化人、实业家、社会活动家,最初倡议并筹划成立“博鳌亚洲论坛”,并出任论坛第一、二届理事会副理事长,是博鳌亚洲论坛主要策划人和推动者。在数十年参与中日交流中,他曾担任新中日友好委员会中方委员、中方秘书长,多年来为促进中日关系贡献良多,受到中日两国的认可,在两国不同历史时期都发挥了难能可贵的作用。在中日之间,他并非官方代言人,却是一个独特的存在。
他回顾称:自1980年初到日本,屈指数来,至今恰四十载,虽也四海为家,但主轴一直专注在中日之间。在不同时代的中日关系中有许多令我敬畏的先辈和前辈范例。我始终在揣摩,生逢此世,以我的心力、能力和智力,如何能为促进两国不同层面的交流交往发挥力量,并起到一些力所能及的、正能量的、能够营养两国关系的作用。
在获得殊荣后,蒋晓松表示:今天获得日本国家授予的“旭日中绶章”殊荣,作为来自民间的中国人,我感到荣耀、无愧、自豪。感激日中两国政府对我长年以来就加强两国关系及两国相互理解所作努力的肯定和褒奖。感恩上天,感慨人生,感谢大家!

博鳌亚洲论坛创办人、原副理事长、终身名誉会员 蒋晓松

创意发起博鳌亚洲论坛 论坛迎接20周年成为亚洲的符号
1980年,蒋晓松初次来到日本研修影视导演及制作。自此,他在影视方面展开了一番作为:他参与促成了中日电视节等许多中日交流活动;1983年中国西藏首次向境外摄制组全面开放,他与TBS电视台组成共同摄制组拍摄大型纪录片《西藏》;同时,他又率领一支中国摄影队拍摄了根据黄宗英同名报告文学改编的电视报告剧《小木屋》,该作品一举在纽约国际电影电视节上荣获电视导演奖,成为中国电视史上首位获取国际奖的导演;之后,他策划制作的《中国》、《故宫》等大型纪录片,在日本NHK电视台播出,获得广泛影响……
然而,真正让蒋晓松在中日之间一展身手的舞台是海南博鳌。
博鳌,原来只是个仅有几条渔船、数户农户的小渔镇。也许,正因为它与世隔绝的天然本色之美,反而激起了蒋晓松无穷的想象和创作的欲望。蒋晓松曾说:“我在不为人知的天边寻觅到紧贴地平线的几朵云彩,这就是博鳌的江河湖海和山麓沙丘,这就是我的1992年”。
1997年元旦,就某种意义而言,可谓是对博鳌产生深刻影响的一天。日本前首相细川护熙夫妇应蒋晓松夫妇之邀,来到他箱根别墅,共度新年。蒋晓松谈起了对博鳌的认识、感受以及设想,并向两位贵客请教。细川护熙说:瑞士滑雪胜地达沃斯小镇因举办世界经济论坛、美国度假胜地阿斯本因阿斯本音乐节而闻名全球,博鳌的开发也可以将旅游与体育或会议有机结合。蒋晓松向细川夫妇介绍说:自己还有一位好朋友,他是澳大利亚前总理霍克,如果可能,不妨相约一同前往博鳌考察。

左起:蒋晓松与细川护熙、拉莫斯、霍克相约策划亚洲论坛
这年的7月25日,蒋晓松陪同细川护熙一行先访问北京,27日在北戴河得到了江泽民主席(时任)的接见。28日,霍克与细川护熙、蒋晓松及他们的夫人在博鳌汇合。下午在刚建成的仅9洞的高尔夫球场挥杆,两位前总理虽是初次见面,在球场也是初次交手,但相处甚欢。
当时的博鳌尚处于开发前期,条件非常简陋,他们一行人只能住在蒋晓松公司的员工宿舍里。当晚,蒋晓松请两位前总理及其一行在万泉河边烧烤。当时亚洲正值金融风暴重创,深受其害。然而,让人感慨的是亚洲却没有一个能形成合力、属于自己的平台或组织。交谈中,三人正所谓英雄所见略同:中国是亚洲唯一的联合国常任理事国,而在中国的版图里纬度最南、面积第二大的岛屿就是海南,与其他亚洲国家都相距甚近。而海南的“博鳌”没有任何来自政府的色彩,很有“中性”特点,是从无到有地打造一个国际组织的理想“第三地”。细川护熙说:蒋先生虽是“地主”,但不是政府官员,因为没有色彩,这比什么都好。霍克前总理是APEC的发起人,他老道地说“我还有个朋友,他是菲律宾总统拉莫斯。我想他的加入会对推进这件事有加分作用。但他在任上,等明年任期届满后也可以请他一起参与。”
就这样,播下的种子开始萌芽,一个伟大的构想悄悄地插上了翅膀,开始放飞世界……

左起:霍克、拉莫斯、蒋晓松在博鳌
1998年6月,拉莫斯总统卸任,随后细川护熙、霍克和蒋晓松三人相约前往马尼拉。在之后3天2夜的行程中,四人在不同的场合始终轻松地各抒己见,有见地、有憧憬:这应该是个国际组织,而不仅只是开会的地方;这应该是个定期定址的、非营利非政府的组织;这还应该是政府、企业和学者相会交融的结合体……同时,四人又对各自的角色定位和作用进行了探讨和梳理,显然三位前政要理所当然地担当起发起人的角色,蒋晓松就成为了具体的推动者。
第三天,他们在马尼拉的酒店举行了新闻发布会,发表了具有历史意义的建立博鳌亚洲论坛的马尼拉宣言。之后,拉莫斯执笔写了两封信,一封给江泽民主席(时任),一封给当时海南省的汪啸风省长,表达亚洲有建立属于自己的国际平台的必要性和迫切性,并建议这个平台就放在博鳌。
蒋晓松随后就开始了他穿针引线的诸多工作。
1999年10月8日,时任中国国家副主席的胡锦涛在北京会见拉莫斯、霍克及蒋晓松等一行。胡锦涛表明了中国作为东道国原则性同意和支持的态度,并希望有更广泛的亚洲国家参加。当年12月,在博鳌召开了由26个国家的专家、学者、前政要的研讨会。2001年2月27日,包括中国国家主席江泽民、马来西亚总理马哈蒂尔,尼泊尔国王比兰德拉等在内的亚太26国现任及前任领导人汇聚在海南博鳌,宣布博鳌亚洲论坛正式成立。“博鳌”,那个时点上连绝大多数海南人也不知晓的地方,一夜之间竟成为了亚洲话题的中心。

2014年10月29日,中国领导人习近平会见博鳌亚洲论坛理事会工作会议成员
博鳌亚洲论坛成立后,蒋晓松多年担任论坛理事会副理事长,身处运作轴心位置,为论坛的发展殚精竭虑,做出了力所能及的贡献。蒋晓松表示,亚洲论坛,缺少中日任何一方都不完整,可以说中日合作成就了博鳌亚洲论坛。论坛,也成为促进中日关系的重要平台,这个作用经久不衰,将延绵存续。迄今,有四位日本总理或前总理都以不同形式参加了博鳌亚洲论坛:1998年前首相细川护熙成为论坛发起人;2001年前首相中曾根康弘作为主要嘉宾出席论坛成立大会;2002年作为现职总理,小泉纯一郎出席论坛年会并成为主旨演讲人之一;2004年福田康夫在辞去官房长官后第一次出国,就在蒋晓松陪同下到博鳌进行了考察。他在2012开始出任博鳌亚洲论坛理事长,直至2018年。在任期间,业绩辉煌。直到今天,他仍然是论坛咨询委员会的主席。
如今,博鳌亚洲论坛已经成为亚洲的符号和名片。明年,2021年,博鳌亚洲论坛将迎来创立20周年。蒋晓松说:我作为一名博鳌老兵,对于论坛即将迎来的20周年很有成就感,我觉得,20岁的孩子已经长大,她亭亭玉立、出人头地。我对博鳌充满寄望,激情犹在,并且还有很多憧憬……相信她将与时俱进,顺应时代的发展和走势,专注全球下的亚洲地区的问题,更精彩地发挥独特的正能量的作用。

李保东秘书长贺信
在蒋晓松获颁“旭日中綬章”当天,博鳌亚洲论坛秘书长李保东发来祝贺信称:“作为论坛的开创者之一,您见证了论坛的发展历程并为之倾注了大量心血,尤其在促进日本政府和企业与论坛合作方面您功不可没,论坛大家庭对此深为感念。今日勋章乃实至名归。明年将是论坛创立20周年,年会期间将举办一系列庆典活动。我们真诚地期待您莅临明年年会,与论坛大家庭一道共同见证这一历史时刻,同时为论坛未来发展提供宝贵的意见和建议。书短意长,不尽欲言。”

千博集团董事局主席 蒋晓松推动设立博鳌国际医疗旅游先行区全国唯一获国务院批复的“医疗特区”
博鳌事业如日中天,但蒋晓松不甘寂寞,又在发展中开始探寻自己应有的定位:什么是最适合自己、有益于众人、而又非我为而不可的事?继十数年前开启博鳌和创立论坛之后,他做了新的选题,那就是在离博鳌不远处的“乐城”,以环保和医疗大健康为主题构想另一作品。
2009年4月,蒋晓松向海南省委省政府提出了“万泉乐城”的总体构想,获得当时省主要领导的全面认可。2010年2月22日,乐城开发项目的发端之作、也是核心内容——中日合作太阳与水示范区项目(早期的称谓),在日本东京国际文化会馆举行了热烈的推介会。这一活动,驻日大使馆以电报形式向国内作了专报,对项目推动起到了重要作用,就此开启了有效的优势互补的政企合作。
在推进过程中,作为中国代表性智库的中国国际经济交流中心也被邀请参与进来,提交了《中日合作博鳌乐城太阳与水示范区战略咨询报告》,并于2011年12月29日向中央领导及有关部门提出了推动国际医疗旅游先行区的建议。2012年1月,海南省人民政府《关于创建海南万泉乐城国际医疗旅游先行区的请示》正式上报国务院。2012年7月国家11个部委联合组成调研组专程赴海南就博鳌乐城国际医疗旅游先行区项目进行论证调研。2013年2月28日,国务院继海南洋浦港经济开发区、国际旅游示范区之后,作为对海南省下发的第三个正式文件,批复了海南设立博鳌乐城国际医疗旅游先行区,并给予九项支持政策,使之成为迄今为止全国唯一的由国务院批复的政策先行的“医疗特区”。
蒋晓松创意乐城项目的初衷,就是打造一个位居中日两者之间可持续发展的软性平台,并选中了环保和健康这两个命题。中国已将全面提高全民健康水平作为国家发展战略重点之一,而日本的医疗健康水平是有所公认的,其人均寿命、医疗服务和技术、其他资源等各项指标均全球领先。如果将日本先进的医疗技术和服务体系,与中国巨大的市场需求对接,建立起医疗健康领域的博鳌模式,不仅可以辐射到包括大湾区、长三角在内的中国各地,还能造福亚洲各国。为此,在国务院批文后不到半年里,蒋晓松就迅速在日本成立了东京健康诊疗院。这所位于东京中心地区六本木的六层楼宇,成为了蒋晓松整合日本医疗资源的桥头堡。历时7年,如今的东京健康诊疗院覆盖多个医疗科室并汇集日本尖端医疗专家团队,在专科治疗与先制医疗(未病先治)等医疗领域的优势及实力均位居日本前列。
十年过去了,蒋晓松非常高兴自己当年提出的构想正在逐步的梦想成真,博鳌乐城国际医疗旅游先行区经过数年开发,逐渐成型,已有十数个医疗机构入驻。2018年10月,日本政府唯一认可的官民一体有关医疗国际化合作的机构Medical Excellent JAPAN与海南博鳌乐城开发控股有限公司签署了关于在海南博鳌推进中日医疗合作的“肿瘤医疗关联设施群建设事业以及第三方医疗事业”合作备忘录。蒋晓松确信医疗旅游先行区,无论最终是成为一片森林还是一棵参天大树,一定都能继续茁壮成长。

蒋晓松在事务所获悉授勋信息
从企业董事长到机构理事长推动国际医疗大健康事业
博鳌,几乎贯注了蒋晓松大半生的心血,他不断地将博鳌元素和中日关系搓揉组合,从博鳌亚洲论坛的创立到医疗先行区的设立,展示出来的是一个又一个精彩的作品。也许对他来说,他出品的不是商品,只有作品。数十年来,与其说他从事的是企业经营,还不如说是用企业这个形式和平台,“触类旁通”地经由商业途径来实现自己的抱负和理想。
近年来,他又进一步自我转型升级,从董事长转身为理事长。他领衔“日本医疗国际化机构”的非营利性事业协会,开始专注于推动中日医疗大健康事业,投身非营利性工作。这在他全盘的排兵布阵中,又是作何用意呢——纵与横,在他的点、线、面中,也许这只是换了个姿势、变了个动作、转了个角度而已。
在2018年7月,博鳌亚洲论坛又有了一个全新意义的新生产物问世—全球健康论坛(GHF),它专注健康领域,是一个政商学结合、高端对话与务实合作结合,具有广泛代表性和权威性的综合性平台,以博鳌的品牌,延续博鳌的精神。
最近,博鳌亚洲论坛出于支持配合国际社会防疫及保障参会代表健康安全的考虑,宣布取消举办2020年年会,但恰是在受此新冠肺炎肆虐之际,作为博鳌论坛正酝酿的一个重大举措,很有可能逆势而上地在今年内揭竿而起,升起博鳌全球健康论坛的旗帜,吹响医疗大健康与公共卫生的全球集结号。博鳌精神将在今天这个时代、在这一非常时期,被特殊地赋予更新的定义,担当更大的时代使命——此事能否如愿以偿,静等官宣吧。届时还能看到蒋晓松若隐若现的身影……
从企业董事长到机构理事长,“改头换面”不等于“脱胎换骨”,更显然是万变不离其宗,他抱负依旧,魄力犹在,风格仍然独特。今天的蒋晓松依然在追梦,没有句号,继续努力。

蒋晓松推动中日携手抗击新冠疫情
推动中日携手抗击新冠疫情“青山一道,同担风雨”
在蒋晓松的中日朋友圈里,还有两位重要的人物:日本执政党自民党干事长二阶俊博和阿里巴巴集团创始人马云,这两位曾在蒋晓松的牵线下数次在北京见面。
2月,正值中国疫情形势最严峻之时。2月2日,二阶俊博与马云第一次在东京见面,马云请求二阶先生能否在日本筹集医疗物资,因中国各地防疫抗疫物资极其紧缺,抗疫一线急需物资支援。商谈之下,双方决定聚焦“防护服”。二阶俊博立即全方位开展行动,一周以后,即2月9日,首批物资124,200套防护服就已运抵上海浦东机场,并以最快的速度送到了武汉等抗疫一线医院。
3月,在中国疫情逐渐好转之时,日本疫情却突然升级,马云在与蒋晓松通话中主动询问日本的防疫情况和医疗物资是否紧缺。蒋晓松联系二阶先生后,及时将日本的情状和需求向马云转述。马云及其有关机构不言二话,迅速筹集到100万只口罩,于数天后,即3月6日,运抵日本。这批口罩被迅速转送到当时已受疫情感染的23个都府县市政府、一线医疗机构以及深受疫情影响的其他机构单位。日本数百个单位通过感谢信的方式表达了对这份“雪中送炭”的感谢之意。这之后,马云再次主动向日本的老人、儿童等弱势群体捐送了30万只口罩。
4月,马云及其有关机构编制完成《新冠肺炎防治手册》,除中英文版本外还特意制作了日语版本。按照他的请求,日文版的防治手册在第一时间以电函或邮寄的方式发送给了数百家一线抗疫医院,得到广泛的好评,对日本的抗疫工作起到了实际参考的作用。

马云写给日方的最新信件
5月,日本抗疫进入决战时期。马云向二阶先生表示有意再次捐赠物资给予日本医疗机构的意向。在与日本医师会横仓会长沟通后,二阶俊博与马云确认了本次捐赠的物资为30万只N95口罩及15万件医疗防护服。横仓会长表示:现在日本医疗第一线正处于口罩和防护服严重紧缺的状况,此时马云会长继3月捐赠后又给我们送来医疗物资,真是感激不尽!物资到达后,我们会马上设法送往全国的医疗第一线。
在这几个中日合力抗疫的回合中,蒋晓松以及他所领导的日本医疗国际化机构,不只是马云和二阶俊博共同嘱托的实际业务操作推进人,还是很好的将信息以及信任勾兑融合的桥梁人物。在蒋晓松看来,这两位朋友在某种意义上是不同的巨人,他们语言不通,但真是心心相印。在患难之际,以他们的行动凸显了中日间人与人的真情和厚谊。
二阶俊博在1月底在接受《凤凰卫视》专访时曾说过:“对日本来说,看到中国遭遇疫情,如同是自己的亲戚、邻居遇到了困难。日本将以举国之力,向中国提供支援,相信一切都会尽快好起来。”马云在致二阶俊博的信中也表示:“这批口罩远不止是阿里巴巴的一份心意,也是许许多多中国人的心意。”“日本现在正在抗击疫情的关键时刻,今天日本面临的困难,是黎明前的黑暗。胜利就快到来,这个时候我们一定要尽全力保护好一线工作的医护人员,因为医院就是战场,医护人员就是抗击疫情的战士,只有保护好他们,才有胜利的希望。” 
日本在中国疫情肆虐之时送来了“山川异域,风月同天”,马云在日本疫情危急之时回赠了“青山一道,同担风雨”,异曲同工,在这两个同用汉字的国家间,一字千金地将国与国、人与人之间患难与共、守望相助的万千情谊做了最生动的概括与点赞。

蒋晓松与夫人、女儿在英国中日公共外交的民间推手获颁“旭日中綬章”实至名归
纵观蒋晓松的所作所为,不难看出:一方面他具有独特的想象力和思维行动方式,拥有着大格局和非同一般的谋略;另一方面他还具有“无中生有、点石成金”的特殊技能,却又始终低调自己,不争名利。
他,在异国有温柔可爱的日本妻女相伴,因为日本太太向山德子的帮助,得以与日本主流社会融合无间,如鱼得水;他参与发起并促成亚洲博鳌论坛,为中日交流打造了共赢的平台。正是因为打造这个平台的过程,他与中日各界重要人物得以直接接触和交流,非沽名逐利,人与人的信任也自然而然地从中产生。
他说:数十年来,我认识到什么是汪洋、什么是小溪、什么是波涛汹涌、什么又是万泉归海……,经历着艰辛,感受到喜悦,将人生也定位在如何为促进中日关系的深层融合而做出毕生奉献的命题中。这是使命,更是宿命。偌大的苍穹之下,这里有个“一衣带水”,还有个奋力游走于其间的“小蝌蚪”。
作为中日公共外交的民间推手,他获颁“旭日中綬章”,实至名归。
人物简介:蒋晓松
▪1951年11月出生于上海,父亲是著名电影导演蒋君超,母亲是著名电影演员白杨▪1980年-1986年 日本各电视台进修(师从影像记录中心的牛山纯一先生),并从事创作活动,筹建了《中日电视节》▪1985年 拍摄的《小木屋》(电视剧报告剧)获得1985年纽约国际电影电视节导演奖▪1989年 创建晓奥公司▪1992年 初访博鳌▪2001年4月-2009年3月 担任博鳌亚洲论坛理事会•副理事长▪2003年12月-2008年12月 蒋晓松担任新中日友好21世纪委员会中方委员•中方秘书长▪2003年3月-2018年3月 任第10、11、12届中国人民政治协商会议全国委员会委员,外事委员会委员▪2005年 创建千博集团,建设博鳌禅寺▪2005年-2007年 担任“中华年•第9届世界华商大会”执行委员长▪2018年3月 成为博鳌亚洲论坛终身名誉会员▪2020年4月29日 被授予“旭日中綬章”
在蒋晓松获授勋一周前的4月22日,正是他的母亲、著名电影表演艺术家白杨百年诞辰。因为疫情,远在日本的蒋晓松及夫人在线参加了在上海举行的纪念活动。对于母亲的成就和人们对她的怀念,儿子为之自豪;相信对于儿子的作为和赞誉,母亲也当百感欣慰。天上人间!

本机构理事长蒋晓松 荣获“旭日中绶章”

本机构理事长蒋晓松 荣获“旭日中绶章”

【获勋者感言】

获此殊勋,深感荣耀、无愧、自豪。

感谢日中两国政府对我所做出力所能及的努力,所给予的肯定和褒奖。

感恩上天,感激大家 !

今后努力通过中日医疗健康的这个交流大平台,点点滴滴地成就事业:造福人类,营养地球 ——是使命,亦是宿命。


关于蒋晓松的简历,请浏览本机构网站。

2020年4月29日

中日合力“抗击疫情”

面对此次新冠肺炎疫情,日本自民党干事长

、“日本医疗国际化机构”名誉理事长二阶俊博与阿里巴巴基金会主席马云合力展开一系列合作。中日共同抗击疫情,充分展示了中日友好情谊;对抗击疫情发挥了及时有效的作用;并收到了很好的社会效益。

「コロナウイルス感染症対策ハンドブック(日本語版)」配布について

「コロナウイルス感染症対策ハンドブック(日本語版)」配布について
馬雲公益基金会/アリババ公益基金会ジャック・マー会長は中国のコロナウイルス感染症対策を緊急に取りまとめ、ハンドブックの形で公開をされました。
日本の皆様の心温まるお礼状や写真の数々に感動し、他方、日本における日増しに現れる新規感染症患者状況に心を痛め、
最前線で戦う日本の医療従事者の皆様のお役に立ちたいと、日本語訳版を作成してくれました。
日中の医療システムや使用する機器などの差異はあれど、書かれていることは基本的なことが多く、参考になることはあるのではないかと考えます。

当HPよりダウンロードが可能です

日本医療国際化機構がマスク配布の実務を担当 日本医師会に高機能マスクをお届け

一般社団法人日本医療国際化機構(本部:東京都千代田区、理事長:蒋 暁松、以下 当機構)は、中国電子商取引大手のアリババグループの創業者、馬雲(以下 ジャック・マー)氏によって寄贈されたマスク100万枚の一部を、 2020年3月9日(月)、日本医師会(本部:東京都文京区、会長:横倉 義武様)に届けました。

※ 左から:日本医師会 横倉義武会長、当機構 蒋暁松理事長

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、日本国内ではマスクの品薄状態が深刻化しています。とりわけ一部の医療機関においては、患者増加や感染症対策強化に伴い、調達に苦慮するケースも多いようです。日本政府は、感染症指定医療機関への医療用マスクの優先供給を行うなど、医療現場に十分なマスクが届くよう尽力していますが、解消にはまだまだ時間がかかると予測されています。このような背景の中、アリババグループの創業者、ジャック・マー氏は、2020年3月2日(月)、医療機関向けを想定した100万枚の高機能マスクを日本に寄贈することを発表しました。

 当機構は、寄贈されたマスクの配布実務を請け負っており、配布先や枚数については、マスクの受給ひっ迫度合いや、人口や感染者数などの諸事情を勘案した上で決定しました。国民の健康と医療を守るために、まさに最前線で活動をされている日本医師会員様に対して、僅少ではありますが、医療現場のマスク調達を支援する目的で同年3月9日(月)着にてマスクを送り届けました。その後、配布する先の選定や配布方法、時期に関しては同医師会に一任しています。
 今後も、全国でマスクが不足している場所の支援となるよう、様々な地域や機関に対して迅速に配布していきます。

■ジャック・マー氏からマスクを寄贈された経緯
 2020年2月初旬、ジャック・マー氏は、医療物資の需給がひっ迫していた中国に対し支援を行うため、日本の防護服調達のために、当機構を通じて二階幹事長と連絡を取り、防護服を確保してもらえれば、同グループで買い取ると伝えました。二階幹事長はこれを受け、日本の各方面に当たり、12万4,200着の防護服を確保し、中国に無償で寄贈したいと申し出ました。最終的に、10万着を日本側東京都からの寄付とし、2万着あまりを同グループが買い取り、同年2月9日(日)、中国に送付しました。

 同年3月2日(金)、防護服の寄贈を受けたお礼とし、ジャック・マー氏が設立した「馬雲公益基金会」と「アリババ公益基金会」によって調達されたマスク100万枚が、日本と二階幹事長に寄贈されました。

■日本医療国際化機構について
 日中に跨る健康・医療事業を手がけてきた中で培った経験を活かし、日本政府が国策として推進する医療のアウトバウンド事業と歩調を合わせながら、社会貢献活動としてそれを補完あるいは推進するべく、この社団法人を設立しました。中国における豊富なネットワークを活用し、日本の医療資源を中国に繋ぎ、日中間の健康・医療に関する交流をプロモートし、その他のアジア諸国にその成果を伝えていく役割を担っていきます。

日本医療国際化機構がマスクの配布を担当 日本歯科医師連盟にマスクをお届け

~アリババグループ創設者 ジャック・マー氏から寄贈されたマスク~

一般社団法人日本医療国際化機構(本部:東京都千代田区、理事長:蒋 暁松、以下 当機構)は、2020年3月9日(月)、中国電子商取引大手のアリババグループの創業者、馬雲(以下 ジャック・マー)氏によって寄贈されたマスク100万枚のうち、一部を日本歯科医師連盟(本部:東京都千代田区、会長:高橋英登様)に贈呈しました。

          ※ 左から:当機構 蒋暁松理事長、日本歯科医師連盟 高橋英登会長

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、日本国内ではマスクの品薄状態が深刻化しています。とりわけ一部の医療機関においては、患者増加や感染症対策強化に伴い、調達に苦慮するケースも多いようです。日本政府は、国内メーカーに対しマスクの増産を促すなど、対策を講じていますが、解消にはまだまだ時間がかかると予測されています。このような背景の中、アリババグループの創業者、ジャック・マー氏は、2020年3月2日(月)、医療機関向けを想定した100万枚の高機能マスクを日本に寄贈することを発表しました。

この度、寄贈されたマスクの配布実務を当機構が請け負っており、配布先や枚数については、マスクの受給ひっ迫度合いや、人口や感染者数などの諸事情を勘案した上で決定します。今回は、マスク不足の影響が特に大きい医療機関の支援となるよう、日本歯科医師連盟を選定し、同年3月9日(月)着にてマスクを送り届けました。配布する先の選定や配布方法、時期に関しては同連盟に一任しています。
今後も、全国でマスクが不足している場所の支援となるよう、様々な地域や機関に対して迅速に配布していきます。

■ジャック・マー氏からマスクを寄贈された経緯
2020年2月初旬、ジャック・マー氏は、医療物資の需給がひっ迫していた中国に対し支援を行うため、日本の防護服調達のために、当機構を通じて二階幹事長と連絡を取り、防護服を確保してもらえれば、同グループで買い取ると伝えました。二階幹事長はこれを受け、日本の各方面に当たり、12万4,200着の防護服を確保し、中国に無償で寄贈したいと申し出ました。最終的に、10万着を日本側東京都からの寄付とし、2万着あまりを同グループが買い取り、同年2月9日(日)、中国に送付しました。

同年3月2日(金)、防護服の寄贈を受けたお礼とし、ジャック・マー氏が設立した「馬雲公益基金会」と「アリババ公益基金会」によって調達されたマスク100万枚が、日本と二階幹事長に寄贈されました。

日本医療国際化機構がマスクの配布を担当 東京都にマスク10万枚を配布

一般社団法人日本医療国際化機構(本部:東京都千代田区、理事長:蒋 暁松、以下 当機構)は、2020年3月6日(木)、中国電子商取引大手のアリババグループの創業者、馬雲(以下 ジャック・マー)氏によって寄贈されたマスク100万枚のうち、10万枚を東京都に対して配布しました。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、日本国内ではマスクの品薄状態が深刻化しています。日本政府は、国内メーカーに対しマスクの増産を促すなど、対策を講じていますが、解消にはまだまだ時間がかかると予測されています。このような背景の中、アリババグループの創業者、ジャック・マー氏は、2020年3月2日(月)、医療機関向けを想定した100万枚の高機能マスクを日本に寄贈することを発表しました。今回、寄贈されたマスクの配布実務を当機構が請け負っており、配布先や枚数については、人口や感染者数など諸事情を勘案した上で決定します。

最初の配布先は、人口集積が高い東京都(知事:小池百合子)を選定し、本年3月6日(金)東京都庁着にて、10万枚のマスクを送りました。配布先や配布方法、時期に関しては東京都に一任しています。

今後も、新型コロナウイルス感染拡大防止の一助となるよう、様々な地域や機関に対して迅速に配布していきます。

■ジャック・マー氏からマスクを寄贈された経緯
2020年2月初旬、ジャック・マー氏は、医療物資の需給がひっ迫していた中国に対し支援を行うため、日本の防護服調達のために、当機構を通じて、二階幹事長と連絡を取り、防護服を確保してもらえれば、同グループで買い取ると伝えました。二階幹事長はこれを受け、日本の各方面に当たり、12万4,200着の防護服を確保し、中国に無償で寄贈したいと申し出ました。最終的に、10万着を日本側東京都からの寄付とし、2万着あまりを同グループが買い取り、同年2月9日(日)、中国に送付しました。

同年3月2日(金)、防護服の寄贈を受けたお礼とし、ジャック・マー氏が設立した「馬雲公益基金会」と「アリババ公益基金会」によって調達されたマスク100万枚が、日本と二階幹事長に対して寄贈されました。東京都が最初の配布先となったのも、防護服の提供をしてくれたお礼の意味も込めての選定としています。

■日本医療国際化機構について
日中に跨る健康・医療事業を手がけてきた中で培った経験を活かし、日本政府が国策として推進する医療のアウトバウンド事業と歩調を合わせながら、社会貢献活動としてそれを補完あるいは推進するべく、この社団法人を設立しました。中国における豊富なネットワークを活用し、日本の医療資源を中国に繋ぎ、日中間の健康・医療に関する交流をプロモートし、その他のアジア諸国にその成果を伝えていく役割を担っていきます。
当機構サイトURL http://ngmo.or.jp/cn

アリババが日本にマスク寄付 恩返しに100万枚

 中国のインターネット通販最大手アリババグループは2日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本にマスク100万枚を寄付すると発表した。中国で医療物資が不足していた時期に日本からマスクや防護服が送られた恩返しという。

マスクは3日に日本に届く予定。医療機関の支援を行う日本の団体が、マスクを必要とする医療現場に配布するという。マスクはアリババ創業者の馬雲氏が設立した基金などが調達した。(共同) 引用:https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020030201002348.html?from=groupmessage

日本、アリババ会長を通じ防護服10万着を追加支援

アリババグループの創業者、馬雲氏(資料写真、撮影日不明)。(c)Xinhua News

【2月8日 Xinhua News】阿里巴巴(アリババ、Alibaba)公益基金会は7日、日本が中国に医療用防護服10万着を追加支援することを明らかにした。防護服は同会を通じ、需給がひっ迫している中国の病院に届けられる。アリババグループはさらに、日本の電力各社と日本原子力研究開発機構(原子力機構)から2万4200着の放射線防護服を調達、あわせて必要とする機関に送付される。

この寄付は、同グループ創業者の馬雲(ジャック・マー、Jack Ma)氏の仲介により実現した。馬氏は先だって、防護物資調達のために一般社団法人医療国際化推進機構(IMSA)の二階俊博(Toshihiro Nikai)名誉理事長と連絡を取り、防護服を確保してもらえれば、同グループで買い取ると伝えた。

二階氏はこれを受け、日本の各方面に当たり、12万4200着の防護服を確保し、中国に無償で寄贈したいと申し出た。最終的に、10万着を日本側からの寄付とし、2万4200着を同グループが買い取った。

おおまかな統計ながら1月27日以降、日本の都道府県や市など11の地方自治体がマスクや防護服などの支援物資の寄付を決めている。また、民間からも100万枚のマスクが寄付され、官民挙げて感染に立ち向かう中国を支援している。(c)Xinhua News/AFPBB News

引用: https://www.afpbb.com/articles/-/3267372?cx_amp=all&act=all