事業方針

我々は以下の3つの方針に基づいて、事業を推進します。

国策との整合性

我々の取組みは、日本と中国をはじめ、各国政府の政策に準拠しつつ、当事国間の革新的なコラボレーションを創造することに努め、関係国政府の賛意と支援を得ながら方向性や創造性、高い価値のある事業の推進に努めます。

医療ビジネスとして

医業経営は非営利性、公益性が原則です。しかし、一方、医業を取り巻くビジネスは市場主義に則って行われている一面があります。グローバルコングロマリットに代表される企業は、優良な医療機関、専門家を傘下に擁し、医療関連業を資本市場と結びつけることで展開しています。当機構は市場を重視するとともに、医療サービスの産業への転換の試みの中で、更なる模索を続けます。

グローバルな視野

日本と中国のそれぞれの優れた点を相互補完的に利用することを中核として、日本と中国に軸足を置きつつ、アジアに向き合い、欧米を参考にする国際的な医療と健康の大舞台を構築します。